1日3回の食事だけでは筋肉は成長しづらい?

1monji_筋肉
世間一般の常識として、食事は基本的に1日に3回とるものです。ですから1日にそれ以上の回数で食事をとろうとすると「健康に悪い」などと指摘されるのが常でしょう。たしかに普通の生活を送る上では、1日3回の食事で十分な栄養を摂取することができますから十分な食事量ではあると思います。

プロテインの専門サイト

しかし、こと筋肉の成長を目的とした生活を送っている人にとっては、1日3回の食事だけでは筋肉が成長しづらいのではないか?と言われているのです。それはなぜかというと、3回の食事では筋肉の成長に必要なだけの栄養を補給できていないケースが多いからです。

Wholesale Price Index (WPI) Definition | Investopedia

筋肉の成長に必要な栄養素の代表例として、たんぱく質を挙げることができるでしょう。このたんぱく質は、年齢によって一日の摂取目安が変わってくると同時に、一日の運動量によっても摂取目安が変わってくるのが特徴的な栄養素です。ですから、1日家でひきこもっている人と1日中外をランニングしているような人では必要となるたんぱく質の量に大きな差が生まれることが考えられます。なのに、この両者が同じ食事量で同じ食事回数では、ランニングを行っている人の身体にはたんぱく質が著しく不足してしまうことになるのです。このことから、1日3回の食事だけでは筋肉は成長しづらいという推測ができるでしょう。

エストロゲンとイソフラボンの関係

それではトレーニングを行っている人は、1日何回食事をすればいいのでしょうか。これについてはその人の行っているトレーニングの内容などによって個人差が生まれてしまうので、一概に何回の食事が理想だとは断言することができません。しかし、できるだけおやつの時間にも何らかの食事を摂るようにした方がいいと言うことができます。つまり最低1日4回の食事をとるということですね。そうすれば、筋肉が必要としている栄養をより供給できるようになりますので、今までよりもさらに筋肉の成長を見込むことができるようになるでしょう。